視力の改善

レーシックといえば、タイガーウッズが手術を受けて、
成績が上がったのをきっかけに、スポーツ選手などが
受ける事例が増えたそうです。

レーシックは目の手術で、近視を矯正するために行うものです。
基本的には、レーザーで、角膜の一部を蒸散するのだそうです。

成功率が高く、入院等をする必要もないので、
意外に気軽に受ける人も多いようです。

ただ、レーシックの失敗例もあるので、
事前に、信頼できる眼科医を見つけて、
手術のリスクについてもよく説明を受けるべきでしょう。

ただ、失敗といっても失明は無いといわれています。
それに、レーシックの手術を受けるのは、
時間的には1時間もかかりませんから、
当然、日帰りの手術です。

レーシック手術の体験談なども、たくさんネットに出ていますので、
いろいろ調べてみるのがよいと思います。

レーシックは最新の視力を改善する手術なので、
生活の質も向上します。
自分でよく納得して、レーシックを受けられる事をおすすめします。

レーシックについての詳しい内容はこちら、
眼科松原クリニック

へどうぞ。

手術費用

レーシックの費用は、レーシックを受ける医院によっても違います。
金額は、各々の医院の事情で決めていますので、
いろいろ自分で、比較してみたほうが良いでしょう。

大きい病院は、設備が整っていて、症例も多いので
安心だとは思いますが、設備とか
レーシックの内容とか、
たいていの場合は、資料請求ができますので

いくつか、資料を実際に見てみるのも良いかと思います。

医院によっては、割引制度などもあって、
うまくそれを使えば安くで受けられますし、

レーシックの手術には、コンタクトなどと同じように
健康保険の適用が受けられないので
どこでレーシックを受けるか、
金額も、決定の大きな要因になります。

それから、もし生命保険に加入している場合は
契約内容によりますが、
手術給付金が支給される場合もあります。

加入されてる方は、必ず一度、契約している
保険会社に確認してみましょう。
支給されるかどうか、どのくらい支給されるのか
事前に調べておくと良いでしょう。

あとは、レーシック手術費用が、確定申告で医療費控除の対象に
なることもあります。
これも、税務署に問い合わせるとよいでしょう。

錦糸眼科

錦糸眼科もレーシックでは有名な眼科の医院です。
日本では、この眼科の院長が初めてレーシックを行ったそうです。

東京の錦糸町で開業したので錦糸眼科というそうです。
その後、札幌、名古屋、大阪、福岡で開院しています。

院長が、ワールドトップドクター賞というのを受賞しているそうで、
院長が、行なった症例、2万8千件は国内最多の実績
ということです。

こちらも、イントラレーシックができるようで、
最先端のレーシックの技術をホームページでも謳っています。

また、ホームページには治療内容の詳しい説明などもあり
レーシックの知識を深めるのにも役立ちます。

レーシックを受ける側もある程度の知識は会ったほうが良く
自分で納得してから手術を受けたいと思います。

またこの院長は、一般向けに、
最新レーザー近視手術、というレーシックに関しての
書籍もだしていて、
内容は、私たちにもわかりやすくレーシックについて
詳しく教えてくれています。

もちろん、資料請求などもできますので
くわしくは、ホームページをご覧ください。


説明会

神戸クリニックというレーシック専門の病院もあります。
こちらでは、レーシックの説明会をいろいろな地域で
不定期的に行っているようです。

クリニックは北海道、東京、大阪、神戸、北九州にあって、
それぞれの地域のホテルなどで、レーシックの説明会を開いているようです。

レーシック自体が、比較的、新しい手術なので
レーシックの名前自体は知っていても、詳しい内容を知らないとか、
視力を速く回復したいと思っていても方法を知らないとか
そんな人は一度、申し込んでみるとよいと思います。

お申し込み特典というのもあるようで、
体験談のDVDをもらえたり、
適応検査の費用が無料になったりとかいろいろあるようです。

とりあえず、レーシックについての知識を得るだけでも
のぞいてみる価値はありそうです。

それに、レーシックの手術を受ける場合の費用も気になるところです。
いくら簡単とはいえ、手術費用は安くはありません。
基本的に、今のところ健康保険適用外ですので、
全額負担となれば、レーシックを考えるのに重要なポイントになります。

神戸クリニックでは、いろいろ割引制度もあるようです。
一度、ホームページをのぞいてみたらよいと思います。

老眼

レーシックと老眼について、
レーシックの手術を受けると、老眼の症状が早くでる
という心配をしている人がいるそうです。

レーシックと老眼の進行には因果関係はないそうです。
老眼というのは、加齢とともに、いろいろの機能が衰えてくる
ことの一環で、眼の水晶体の弾性などが衰える事によって、

水晶体、いわゆるカメラでいうレンズの屈折力が
若い頃のように大きくならなくなり、
つまり焦点を合わせるのができなくなって、
近いところが見えづらくなってしまう事をいいます。

つまり、歳を取ればだれでもなることで、
レーシックの手術を受けようが、受けていまいが
早い人は、40歳の中ごろから誰でも現れる現象です。

逆に、レーシックを受けた事により、将来、めがねを持つ事が、
老眼鏡ひとつで済むというよい点もあるそうです。

それよりも、何よりも、レーシックを受けて
めがねとかコンタクト等、わずらわしいものなしで
十分に見えて、普通に生活できる利点の方が大きいのが一番です。

老眼は、文字を書いたり、パソコンの小さい字を見たりするときは必要ですが、
普段は使用しないし、パソコンも文字を大きくできますので
そんなに大変ではないです。

とにかく、レーシックと老眼の進行は特に関係はなさそうです。

品川クリニック

レーシックの手術の症例数が多いほど、安心して手術が受けられます。
レーシックの失敗の可能性は低くなります。

レーシックの症例件数が、9万件を超えるところがあります。
品川近視クリニックというところです。
特に、スーパーイントラレーシックという、
普通のレーシックでは得られない、最高級の結果が得られるといいます。

最高級スーパーイントラレーシックというそうで、
この品川近視クリニックだけの方法のようです。
スーパーイントラレーシックというのは、イントラレースFS60という
機械で、フラップを作成すると、均一の厚さに出来て、
仕上がりが凹凸がなくきれいにできるそうです。

このイントラレースFS60レーザーのイントラレース社の
認定眼科施設だそうで、今までの方法よりも
大変優れたフラップ作成が出来るそうです。
術後の炎症が起きる確立も非常に少ないようです。

レーシックは簡単な手術といえども、
人間にとって、とても大事な目の手術ですので、
出来るだけ、安全性を考えて、病院を選ぶべきでしょう。